大会で記録更新!初心者からサブ3ランナーのランニング情報 Runs Labランズラボ

陸上競技未経験からサブ3を達成したランナーが伝えるあらゆるランニング情報。参加大会から日々のトレーニング、お気に入りシューズなどのアイテムまで

NIKE ZOOM FLY SP(ナイキ スームフライSP)で走ってきた

   

前回とりあえず足を入れた感じでレビューを書きましたが、今回は実際に走ってきました。
2回。合計40km程度、キロ4’00″くらいのペースで走ってみての感想ですが。


先に言ってしまいましょう。

「走り方や骨格によって合う合わないがよりはっきりするシューズ」

というのがはっきりしました。
少なくとも私には合わなかったシューズ。
速く走ることも難しいシューズでした。

 

クッションがありすぎる

着地時に足首がヨレてブレます。これは結構致命的。
着地時に力が逃げてしまいます。
怪我にも注意をしなくてはいけませんね。
私も右足首を捻ったのか若干違和感があります。

 

プレートを実感できない

私はもともとシャンクの入っていないシューズで走ったりすることもあるのでそこまでシューズの反発を利用した走り方をしていません。
よって実感できないのもありますが、うまくプレートの反発を使いこなせていないのかもしれません。
となると感覚としてはただの分厚いクッションシューズの感覚です。

 

私の実力ではキロ4’00”くらいのペースまでは持っていけますが、決して楽ではないです。それなりに頑張って持っている感じ。
逆にキロ3’45″程度まで上げていくこともできましたが、結構ツラかったです。
これはきっと私の走り方もあるでしょう。
筋力で持って行こうとするとシューズのクッションで力が逃げてしまっている感じ。よってペースアップも厳しくなるのではないかと思います。
逆に筋力ではなく脚のバネで走っている人には合うのかもしれません。外国人選手のようにバネのある選手ならクッションがあってもペースを上げていけるのでしょう。

その後に履いたHANZO Rとアディゼロ匠戦ブーストでは楽にペースを上げていけたので、実際に自分には合っていなかったことを実感しました。
この後にレース仕様のヴェイパーフライ4%も発売される予定ですが、私はスルー決定です。
私の走り方ではとても速く走れる気がしないこと。
「耐久性がレース2レース分程度」とのお話もありますので、おそらく中のカーボンのプレートが劣化してしまうか割れてしまうんだと思います。
これではレースで使った後に練習シューズにするにしてもかなり厳しい。
まぁ、発売されてみないとなんとも言えませんが。

レースで履くときは慎重に

欲しい方もたくさんいらっしゃるシューズですし、レースで履く方も増えるシューズだと思いますが、レース前に自分に合うかどうかを確かめてからレースで使うことをお勧めします。
ヘタをするとレースで怪我をしてしまいます。

 - シューズ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アディゼロ匠戦ブースト2 新色のカッコよさ。

先日、ついにアディダスの匠戦ブーストを履き潰してしまい、レース用に残していた匠戦 …

On Cloud

今回久しぶりの完全にニューアイテムを手に入れました。 しかもシューズ! だんだん …

アディダス 匠戦ブースト2でサブ3

レースシーズン真っ只中ですが、皆さんレースの戦績はいかがでしょうか。 実質残り2 …

改めてマラソン大会でのレースシューズを考えてみる

あくまでも私個人の考え方なので、これが正解ということではありません。 また人によ …

NIKE ZOOM FLY(ズームフライ)がやってきた

噂のシューズ、NIKE ズームフライ! ナイキの2時間切りBreak2プロジェク …

New Balance HANZO シリーズが気になる

最近とても気になるシューズができました。 ニューバランスの「HANZO(ハンゾー …

ニューバランス HANZOがすごくいい!

マラソンのシーズンも終わった方も多いのではないでしょうか。 私も先日のハーフマラ …

ランニングシューズの選び方 レースシューズ編

ランニングにおいて、唯一とも呼べるべき道具「シューズ」 唯一の武器ともいうべきシ …

ランニングシューズの選び方 トレーニングシューズ編

使用頻度が圧倒的に高い練習用ランニングシューズを選ぶ際のポイント 前回のレースシ …

2016年

みなさま あけましておめでとうございます。 2016年、ニューイヤー駅伝のトヨタ …