大会で記録更新!初心者からサブ3ランナーのランニング情報 Runs Labランズラボ

陸上競技未経験からサブ3を達成したランナーが伝えるあらゆるランニング情報。参加大会から日々のトレーニング、お気に入りシューズなどのアイテムまで

ランシューズとして進化 Nike Free RN Flyknit 3.0 2019モデル

      2019/04/24

発売されたばかりのNike Free RN Flyknit 3.0(ナイキ フリー RN 3.0 フライニット)を早速手に入れたので試してきました。

ナイキフリー3.0シリーズは昔から大好きなシューズで、特にNIKE FREE 3.0 v3〜v4なんていったい何足履き潰したかな?と思うくらい履きました。

『素足感覚』が売りで当時のモデルは本当に素足に足裏のみ保護素材を貼るだけで走っているような感覚を味わうことができ、私にとってフォアフットの走り方を教えてくれた思い出深いシューズです。そんなナイキフリーの新作が出たということですから思わず買わずに入られませんでした。

フリーはそのモデルの番号からどれくらい素足感覚に近いかを判断することができます。

私も最初は恐る恐るでフリー5.0モデルから入りましたが、それでも最初走った後は太ももとふくらはぎがパンパンになって筋肉痛になりました。

それでも慣れてくるともっと素足に近い感覚を求めて3.0シリーズを履くようになり、ハマってしまって練習はそればかり履くようになりました。

ここしばらくは5.0や3.0といった番号も付かず、NIKE FREE RUNというモデルになったりして比較的ランニングシューズ色が強くなっていたのでしばらく履くことはありませんでしたが、久々に5.0や3.0の名前が復活してきたので楽しみにしていました。

見た目の進化もすごい

そんなナイキフリー3.0の最新モデルはソールも一新。アッパーはフライニットを継続で使用していますが、今回は何と言ってもシューレースなし!

この表面のベルトのようなもので足の甲の部分をフィットさせます。

例によって簡単に手でぐにゃりと曲げることができるソール
個人的に後ろから見たシルエットが好きです

足入れの感覚

結構窮屈です。当たり前ですが、走ることを前提に設計されていると思いますので、あまり緩いと走れません。ベルト部分がどれだけ伸縮性があるかと思いましたが、触った感じほとんど伸縮しなさそうなので、足入れが窮屈さが伴います。

ナイキフリー3.0がFLYKNITになってから全体的に窮屈な作りになっていましたが、今回も例に漏れずFLYKNITは硬めです。

このシューズは足の甲のフィット感でシューズを選ぶべきでしょう。私はいつものサイズでは左足が窮屈すぎて走ると痛くなってしまったので、長く走るにはちょっと厳しいのでサイズ交換になりそうです。

例によって足型だけは人それぞれなのでこれはあくまで参考に。

走った感覚

見た目はすごく好きです
かかとからのシルエットは本当に好みです。普段履きにも使いたい

ここ最近のNIKE FREEシリーズは最初の頃と違って「素足感覚」は一貫していますが、その定義が変わってきています。

元々は本当にソールも薄く、素足の足裏の保護程度の感覚でしたが、ここ最近のモデルは今回のモデルも含め「足本来の動きを損なわない」くらいの定義で決して素足っぽさはありません。「足の保護」部分の比重は上がっているように感じました。

悪い言い方かもしれませんが、誤解を恐れず言うとすれば履いた感じは普通のランニングシューズです。ドロップも少なめとは言えしっかり感じられる程度についています。

走ってみると、これまた良くも悪くも普通のランニングシューズ感覚。実際に反発材のついたような普通のランニングシューズとどれくらい違うか楽しみにしていましたが、このシューズでも結構普通に走れてしまいました。ペースもどれくらい落ちるかと思いましたが、ジョグ程度なら全然変わりません。

むしろ気持ち良く走れます。

なんと言えばいいのか、この気持ちいい感覚がクッションのついている他のシューズとちょっと違うんです。着地の衝撃を抑えつつ、反発材に飛ばされることもなく自分の感覚でなんとも自然に気持ち良く走れる。

このなんとも伝えづらい心地よさ。これがNIKE FREE RN 3.0 FLYKNITの良さだと思います。

ぜひ履いて確かめて欲しいシューズです。

私もキロ4’15″くらいで気持ち良くランニングできました。5キロくらいで左足が窮屈になってしまってやめてしまいましたが、シューズの感触としては悪くない。

もう少し走りこんでみないとなんとも言えませんが、私は普通に練習に使えるシューズとしてこれから使っていこうと思います。

もしかするとポイント練習やスピードを上げていくとソールの援助がない分、結構負荷を感じられるかもしれませんが、普段のジョグやペース走程度なら全然きつさを感じず履けてしまいます。

最近は厚底シューズがブームと言っても過言ではない状態ですが、走り終わった後に脚に疲労感がないということは、言い換えれば負荷が少ないということにもなります。

ナイキフリーを普段の練習で使って、足裏を使って脚を鍛えて、レースでは反発材のあるシューズでよりペースアップ。これは理想だと思います。練習では脚をいじめてあげないといけない部分は少なからずありますから。個人的に私が薄底のシューズを押すのはそこもあります。

流石に薄い底では怪我が怖いとか、私はかかとから着地するからあまり薄いソールは使えないという人にはこのナイキフリーの新作は持ってこいではないでしょうか。

厚底のシューズでみんなから注目を浴びている「フォアフット走法」。これを習得するにもナイキフリーはもってこいです。ぜひ一度試してみてほしいと思います。

今回のモデルは昔のように「脚を鍛える」というモデルよりは「自然なランニングを楽しむ」モデルかもしれません。

昔のモデルより敷居は下がってきたと思います。

私もサイズ交換でワンサイズアップして走りこんだ後に改めてレビューを書きたいと思います。



 - シューズ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ランニングシューズの選び方 トレーニングシューズ編

使用頻度が圧倒的に高い練習用ランニングシューズを選ぶ際のポイント 前回のレースシ …

2016年

みなさま あけましておめでとうございます。 2016年、ニューイヤー駅伝のトヨタ …

ニューバランス HANZOがすごくいい!

マラソンのシーズンも終わった方も多いのではないでしょうか。 私も先日のハーフマラ …

ニューバランス HANZO v2で走ってきた

2018年12月14日、ついに発売になったNEW BALANCE(ニューバランス …

On Cloud

今回久しぶりの完全にニューアイテムを手に入れました。 しかもシューズ! だんだん …

NIKE ZOOM FLY3(ズームフライ3)の実力はいかに?!

最近のランニングの練習はもっぱらナイキのズームペガサスターボかズームライバルフラ …

改めてマラソン大会でのレースシューズを考えてみる

あくまでも私個人の考え方なので、これが正解ということではありません。 また人によ …

侮ってはいけなかった NIKE PEGASUS 35 TURBO

ジョグシューズが一足ダメになったので適度なクッションを持ったトレーニングシューズ …

アディゼロ匠戦ブーストをしばらく使ってみて

2015年もそろそろ終了が近づいてまいりました。 私自身、2015年にランニング …

HOKA ONE ONE CLIFTON5がジョグで調子いい

私の最近の目下の悩み。 「練習での疲労をどう楽に解消するか」 ポイント練習以外は …