大会で記録更新!初心者からサブ3ランナーのランニング情報 Runs Labランズラボ

陸上競技未経験からサブ3を達成したランナーが伝えるあらゆるランニング情報。参加大会から日々のトレーニング、お気に入りシューズなどのアイテムまで

NIKE ZOOM FLY3(ズームフライ3)の実力はいかに?!

   

最近のランニングの練習はもっぱらナイキのズームペガサスターボかズームライバルフライが多く、すごくいいシューズで相性もいいので新しいシューズにチャレンジすることはあまりなかったのですが、久々に新しいシューズを迎えることにしました。

なんかよくなったという話も聞きましたし、セールで安くなっていたので。

ということで、新しく手に入れたのは

NIKE ZOOM FLY3!

横から見たシルエットはこちら

前にZOOM FLYが初めて登場したときに初代ZOOM FLY SPを手に入れて履きましたが、そこからいろいろと変更されて進化したようなので期待は大!

主な変更点は

  • ミッドソール素材が『ルナロン』→『リアクト』
  • プレートが『ナイロン混カーボンプレート』→『カーボンプレート』
  • アッパーの作りがフライニットのような足袋式に

変わったのは大きく変わったアッパー

見た目の変化でまず最初に気付くのがアッパーの作り。

初代ZOOM FLY SPはストレッチウーヴン素材という、超軽量の透けてしますくらい薄い素材でできていました。これからのナイキの中心になるテクノロジーじゃないかな?って思っていましたが、本当にヴェイパーネクストみたいなパフォーマンス系シューズには採用されてきていますね。

しかし初代 ZOOM FLY SPのストレッチウーヴンはとにかく硬かった。ストレッチなのにあまり?ほとんど?伸びないので足幅の広い私には結構窮屈で痛さも感じるくらいでした。折り曲がった部分がとんがって足に刺さるような感覚になることも。。まだまだ発展段階なんだろうなと思っていました。

正直ズームヴェイパーフライネクスト%に素直に手が出しずらかったのもアッパー素材に対するイメージがありました。
「シューズサイズをどうしよう?痛いかな?」というイメージ。

今回のZOOM FLY3もストレッチウーヴンなのかな?同じような素材です。一瞬嫌な予感が頭をよぎりましたが、しかし前よりも柔軟性はある気がします。

今回シューズを開けたら一枚のペーパーが

設楽悠太選手と大迫傑選手の足型です。

ナイキは足幅を選びません。

そうですか〜。確かに設楽選手の足はかなり幅が細い。一方大迫選手の足幅は白目でどちらかというと四角い足先。私に近い。日本人は幅の広い方も多いと思うので一昔前は「ナイキやアディダスは足幅が細くて日本人には合わない」なんて当たり前のように言われて履いてる人はほとんどいなかったのですが、そういう方たちへの対策なのかどうか。
ただ私の足幅はかなり広いので。。どうかな?

ただ、大きく変わったのはアッパーの設計で二重構造になっています。
外はストレッチウーヴンぽい素材ですが、内側にもう一層。往年のハラチ構造です。フライニットのようないわゆる足袋というか靴下のような一体式になりました。シュータンとシューズ本体が別になっていないタイプです。まぁ、これだけでもフィット感はかなり期待したいところです。

履いてみた感想は

微妙にちょっと足長は長めかな?

足袋型なので爪先が締め付けられる感は多少ありますが、走っていて気になるレベルではなさそう。これくらいなら素材によっては馴染むかな?ってところで

早速走ってレビュー 硬い設置感!

とりあえずすぐに履いて走りたくなったので軽めに10kmほど走ってきました。

軽く走ってみてまず感じたのは接地感が硬めで変に沈み込んだりしないこと。

リアクトは結構柔らかい印象だったので意外でした。前作のルナロンよりもはっきり硬め。これはもしかするとカーボンプレートが原因かもしれませんが、総合的に硬めです。でもおかげで足首がよれたり、力が逃げることはなさそう。

そこそこなペースではカーボンプレートの反発を感じることはできません。むしろシューズは正直重いので少々重さを感じながら走る感じ。

また接地感はズームフライ、ヴェイパーフライとも独特なので走り方を探りながら走っている感じ。なんか乗れてない気持ちのまま走り出します。

走ってるのにどうもペースが上がらない感覚。。

ただ4’30″ペースくらいで走ってるつもりが4’15″くらいになっていたので自覚がないまでも効果はあるのではないかと。

なんで速いんだ?と思いながら走ってました。

結局後半になって少し走り方のコツが掴めてくるとペースは上がりました。

「蹴る」よりも「置く」イメージで

私は普段は蹴って走っているようなので、このシューズでもカーボンプレートの効果はきっと蹴るときにプレートがしなることで反発が生まれるんだろうと思っていました。

ただ蹴ることを意識しすぎていたのか、足が流れてしまっていたので力が逃げていたようです。

足首を使わず、足首を固定するような意識で後ろに蹴るのではなく、下に向かって踏むこと意識して歩幅を小さく、ピッチを上げる感じにしたところ地面から強い跳ね返りというか反発を感じることができました。後は無駄な力を抜いて足を置いてあげるようなイメージで走ったらまぁ楽にペースが上がります。

3’40″くらいかな?のペースで走ったところの動画。
気持ち4’00″切るくらいかな?と思ってましたが、体感よりペース上がってました。
ストライドは小さめです。前足でうまく着地できればバタバタいう音もほとんどありません。

これも反発で楽にペースが上がってしまうので中途半端なペースでは効果は難しいかもしれませんが、足を置気に行くことを意識するだけで誰でもどんなペースでも楽に走れると思います。

速く走れることは間違いない!

走ってみて感じたことはまず、

シューズに慣れること。

走り方にコツがあります。きっとヴェイパーフライもそうなのでしょう。自分の走り方に合うかどうか。シューズの走り方に自分を合わせてあげられるかどうかは結構重要な気がします。

ただ少しコツを掴めば自分の感覚よりも実際のペースは速くなっていると思います。

いつもより進んでるな!という感覚はあまり感じませんが、確実にペースは速くなっていると思います。これが不思議。なんかハマります。

もっとうまく走りたいな〜。と思わせてくれるシューズ。接地感、走った感覚は独特ですが、どんなレベルの方にも合うと思います。

リカバリーランで使っても気持ちいいかもしれませんね。

ホカ オネオネ エヴォ カーボン ロケットとの比較

せっかく私にとってカーボンプレート入り二足目のシューズなので、HOKA ONEONE EVO CARBON ROCKET(ホカオネオネ エヴォカーボンロケット)と走ってみた比較感想を。価格帯も一緒ですしね。

同じカーボンプレート入りと言っても結構特徴は違います。

正直履いていて楽にペースを上げていけるのはエヴォカーボンロケットかなと。シューズ自体に軽さを感じます。エヴォカーボンロケットの方が普通に走って意識しなくても速い。

前足部で着地した瞬間にカーボンの反発を感じますし、そのまま蹴り出してくれます。

ただこれは私の今の走り方に合っているというだけかもしれません。

その点、ZOOM FLY3は走り方が合ってくると速く走っている感覚がなくても速い。逆を返せば楽に省エネで走れているということかもしれませんね。

走り方が変われば印象も変わっていく可能性もありますから、皆さんも選ぶときは自分に合っている方を選んでいいと思います。

どちらもいいシューズであることは間違い無いので。

個人歴には練習にもレースにもおすすめEVO CARBON ROCKET!


 - シューズ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

HOKA ONE ONE EVO CARBON ROCKET(ホカ オネオネ エヴォ カーボンロケット)の実力を試す

ついに発売になったHOKA ONE ONE EVO CARBON ROCKET( …

2016年

みなさま あけましておめでとうございます。 2016年、ニューイヤー駅伝のトヨタ …

アディダス 匠戦ブースト2でサブ3

レースシーズン真っ只中ですが、皆さんレースの戦績はいかがでしょうか。 実質残り2 …

On Cloud

今回久しぶりの完全にニューアイテムを手に入れました。 しかもシューズ! だんだん …

ランシューズとして進化 Nike Free RN Flyknit 3.0 2019モデル

発売されたばかりのNike Free RN Flyknit 3.0(ナイキ フリ …

New Balance HANZO シリーズが気になる

最近とても気になるシューズができました。 ニューバランスの「HANZO(ハンゾー …

アディゼロ匠戦ブーストをしばらく使ってみて

2015年もそろそろ終了が近づいてまいりました。 私自身、2015年にランニング …

改めてマラソン大会でのレースシューズを考えてみる

あくまでも私個人の考え方なので、これが正解ということではありません。 また人によ …

侮ってはいけなかった NIKE PEGASUS 35 TURBO

ジョグシューズが一足ダメになったので適度なクッションを持ったトレーニングシューズ …

ついに来た!アディゼロ匠戦ブースト3!

待ちに待った登場 アディゼロ匠戦ブースト3! 11月15日。ついに待望のAdiz …