大会で記録更新!初心者からサブ3ランナーのランニング情報 Runs Labランズラボ

陸上競技未経験からサブ3を達成したランナーが伝えるあらゆるランニング情報。参加大会から日々のトレーニング、お気に入りシューズなどのアイテムまで

腹筋を意識して変わるランニング 体幹を鍛えよう

   

走るときに腹筋使ってますか?

実業団のランナーや大学生などは普段から取り入れている腹筋を鍛えるトレーニングのようですが、
いざ市民ランナーの私たちにとってはどれくらい重要なのか不明です。
実際走っていても腹筋を使ってる感覚はあまりないのではないでしょうか?

これまでは私自身もあまり腹筋を含めた筋力トレーニングはやってきませんでした。

が、最近走ると腹筋が張るんです。

自分自身で調子が良く「スピードに乗れているな」と感じる時は腹筋が張っていて、腹筋が刺激されている感覚です。

体幹ってこういうことだったのか

今まで考えたこともなかったのが「体幹」

最近よく聞く言葉ですし、マラソンなどの中継でも解説の方が「体幹を強くして安定した走りになりました」なんてことを言ってるのは聞いていましたが、他人事でした。体幹を使ったランニングというのがどういうものかわかりませんでした。
しかし、最近の調子がいい時の腹筋の張りから考えるに腹筋は走るときに確実に使われています。
ということは「この腹筋を強くすればもっと速く走れるかもしれない」と思い始めました。

これから体幹トレーニング系の本などを読み漁ってトレーニングしてみようと思います。
いい書籍などがあればこちらでも紹介しようと思います。

体幹を使った走り方とは

さて、体幹・腹筋を使った走り方についてですが、正直、私自身も意識してやっているわけではないのでやり方が正しいかどうかもわかりません。
この辺りも私自身でしっかり理解できたら改めて書こうとは思いますが、
コツは

とにかく前のめり

これに尽きます。

上半身で体を前に持っていくといいましょうか、「前のめりになって胸を張る」。
これだけです。前のめりになると胸を張らないとバランスも取れませんから、自然と姿勢は良くなります。
一度騙されたと思ってやってみてください。
足は体よりも前で着地できなくなりますから、踵着地もできなくなりますから一石二鳥です。

これで走っている時に腹筋に少し意識を持っていくことで腹筋が使われていることがわかると思います。
腹筋はキツくなりますが、走るのは断然楽になりますよ。

気になる方は一度試してみてください。
また改めて報告します。

 - トレーニング ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ランニングトレーニングの頻度って?

ラントレーニングは極力毎日が基本   私が普段のトレーニングをどうして …

今年のトレーニングで取り入れたこと、やめたこと 2015

もうすでにレースシーズンに突入してきまして、私もすでにフルを一回、ハーフを一回、 …

朝ラン派?夜ラン派?

今朝はがっつり冷え込みましたね。 うちの地域でも-3℃という久々に見たマイナス数 …

春先のランニング

桜の時期も終わり、木々は新緑に染まってきました。 さて、この時期になってくるとレ …

ランニングの疲れを抜く

明日は実はハーフマラソンを走ります。 今回は週の中日、祝日の開催の大会です。 と …

5000mトラックレースを楽しむ

昨日は私自身初めてのトラック競技に参加してきました。 5000m記録会です。 & …

ランニング練習の内容の決め方のポイント

メリハリをつけたランニングトレーニングで練習をより効果的にマラソン大会に臨む 前 …

最後の最後で結果は変わる?レース前の最終調整

レースシーズンも真っ只中。今週末には「東京マラソン」も開催されますし、3月には女 …

ランニング練習に大切なもの

知識もなくやみくもに始めたランニングから始めて見えてきた目標   私が …

マラソン練習 夏のポイント練習

皆さん夏のポイント練習はどうしていますか? 今朝はすでに6時の段階で30度を超え …